FC2ブログ

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リーゼ×はぁと06

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11

パルちゃんが、愛の女神パルティアスの姿が、見えない。
幼い日から常に一緒だった、彼女の守護精霊・アルカナが。
「え?」
リーゼはきょとんとした。彼女の背後にパルティアスは立っているではないか。
「どうして見えないの?パルティアスはそこ」
「・・・・・・・・・!!」
「こんな風にしてるからだよ」
黒いはぁととの繋がった箇所に、男根の隙間に指を差し込んだ。
それを上下するたびに、はぁとの身体も著しく上下する。
「や、やあっ!パルちゃん!サキちゃん!誰か、助けて・・・・・・!」
「無駄。いくら叫んでも」
魔方陣を指差す。はぁとははっとなって周囲を見回した。
魔方陣の周囲には摩りガラスのような壁が張り巡らされている。
路地裏の一角だった。
そこから馴染みの商店街が映り、ふと顔を知った四姉妹が通り過ぎた。
「あっ!舞織ちゃん!こっち!助けて!助けて!」
だが、声は届かない。四姉妹が談笑したまま壁の向こうへ消えた。
完璧に隔絶されていたのだ。魔方陣の外と、中とは。
絶望的な表情をはぁとが浮かべるのを、リーゼは微笑している。
「いい顔」
放心したはぁとの唇に、自身の唇を軽く合わせた。
その瞬間、リーゼの紅色の瞳がきゅっと細まる。
「ギーァ。・・・・・・もういいよ、出しちゃえ」
リーゼの言葉と同時に、黒いはぁとの身体が震えた。
同時にはぁとが、身体の中に未体験の熱が注ぎ込まれるのを感じた瞬間でもあった。

スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://arcanaeroparo.blog100.fc2.com/tb.php/97-6d7e232f

«  | HOME |  »

2017-09

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

ブログ検索

 

 

ブロとも申請フォーム

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。